津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.1セット

自己啓発
08 /21 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.1セット















スポンサーサイト

津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.2セット

自己啓発
08 /21 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.2セット















津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.3セット

自己啓発
08 /21 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.3セット















津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.4セット

自己啓発
08 /21 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.4セット
















津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.5セット

自己啓発
08 /21 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>津村泰彦のおしゃれなソロウクレレ講座Vol.5セット

















【全巻セット】おしゃれなウクレレソロ講座

自己啓発
08 /19 2017






おおまかにこの3ステップで解説していきます。
これだけ丁寧に解説されれば、ワンランク上のレベルに上達できます。

「ラダー譜を使ってウクレレソロをギター並みにカッコよく弾きこなせるようになる!」
というコンセプトで、更には色々なテクニックやアイデアを盛り込みました。

自分でもかなり自信作に仕上がったと思っています!


その内容の一部を紹介すると・・・

とにかくレッスンの通りに毎日10分でもいいので練習してみてください。
日に日に上達していく実感が湧いてきます。
そして、どんどん次のレッスンへ進みたくなります。
あなたが気づいた時には1曲弾けてしまうのがこの講義の秘訣です。

一般的な『音符を並べてあるだけ』というほとんどの人が理解できない譜面は私の中では譜面とは呼びません。
ラダー譜は絵本を見る感覚で楽しみながら演奏の基礎が学べます。
無理に頭の中に音楽の知識を詰め込むことなく、楽しく知識をグングン吸収できます。

上級者になってくると、運指のテクニックもちょっぴり難しくなってきます。
基本を踏まえた運指工学。このフェーズを習得すれば演奏がよりスムーズに行くはずです。

Dmの和音で「レ」と「ファ」の間に「ミ」(Dから数えて2番目の音)を挟んで入れる事で不安定な不思議な響きを表現。
不安定な音Dm2はDmに解決(落ち着き)したがる事になり、何とも不思議で独創的な音を醸し出します。
これを行うだけで相当に曲の雰囲気が出るので是非学んでみてください。

シンプル目に弾く所、ノリを加えて弾くところで強弱を付ける方法を紹介。
こちらの演奏方法を行えば、どんな曲もダイナミックで生き生きとした演奏に聴こえます。

一本の指で複数弦を押さえるのにはちょっとしたコツが有ります。
特に指が短かったり、手が小さい人は必見。
これをマスターするだけで運指はスムーズになりますし、音のつなぎ目も綺麗に仕上がります。



軸とする指、とっても大事な指というものが運指の世界ではあります。
この命の指を上手に使いこなす秘訣を公開します。

ここではリバースピッキングという弦の弾き方を説明します。
難しいですが、普通にはじいただけとは比べ物にならない位の音の深みをもたらしますので是非とも習得して下さい!

私、津村泰彦がおすすめするウクレレ独自練習法があります。
この方法は公にはあまりお教えしてませんが、コツコツ積み重ねれば毎日ウクレレを持つたびに上達が目に見えて分かるようになります。

曲をスムーズに弾く上で、運指というものは物凄く重要になってきます。
そこで、運指工学に基づいた負担なく、なるべく動きを少なく指をスムーズに移動させる方法を曲中で公開します。

指の瞬発力を上げて、実際に体を使って覚えるやりかたを教えます。
指が自動的に覚えているので、譜面を見なくても曲が弾ける様になってしまうはずです。

今までウクレレソロを習ってきた人はうまくいかない方法で練習してしまっています。
正しい練習の仕方、コツコツ日ごとに上達が実感できる練習法をお教えします。

ウクレレ耳、ウクレレ脳を習得しさえすればあなたもウクレリストの仲間入りです。
これは一体どういうこと?どうやってウクレレ耳を作るのか?
その鍛え方を初公開します。

必ずぶつかる壁があります。しかし、その苦手ポイントを潰していくだけで、どんな場面でもどんな運指も出来るようになります。
あなたもこれで苦手克服できるでしょう。



ウクレレ弦の弾きでポーンと詰まったような音をたまに出していませんか?
それは正しいはじき方で正しい場所をはじいてないからです。
一番綺麗な音色を出す弦のはじき方、鳴らし方をお教えします。

スローな雰囲気のウクレレですが、アップテンポな曲もコツを掴めばかっこよく弾けます。
しかし、一歩間違えると、せっかくの音色の雰囲気が台無しになってしまいます。
アップテンポで弾くコツをお伝えしますので是非習得してくださいね。

基本はウクレレソロですが、ちょっとした詩を挟んで滑らかに演奏するのも雰囲気がでて良いです。
基本はウクレレソロなので番外編のくくりですが、私からするとレアな演奏法なので楽しみながら見てみてください^^

「スライド奏法」
単音(1つの音)または和音(2つ以上の音が同時に鳴る場合)で一回のみの撥弦(弦をはじいて音を出す事)で音程(音の低さや高さ)を変化させる奏法。音を出し押さえた指だけをスライドさせて音程を変化させる技法。

「フェルマータ」
現時点の音を維持しつつ指揮者を見なさいと言う意味。
独奏(1人での演奏)の場合は指揮者は演奏者自身なので音の長さは奏者に委ねられます。
通常「ア・テンポ」と言う記号でフェルマータ以前のテンポ(拍子の速さ)に戻される。
一般的には出来るだけ音を伸ばし維持する。と理解されています。

「ハーモニクス」
異なった音色(倍音)が発生するよう撥弦(はつげん)する。
倍音奏法とも言うフラジオレットの英語における表現。
弦の長さの2分の1に2倍音、3分の1に3倍音がありフレットの真上を触れる程度の押さえ方で撥弦すると得られる音色。

和音上の1番高い音をトップノートと言いますが、多くの場合、メロディ(旋律)をトップノートに設定するため、「メロディをしっかりと出す様に撥弦する」と理解出来ます。
これを使った演奏をレッスンにて解説していきます。
「こんなにウクレレをカッコよく弾けるなんて思わなかった!」

あなたは、このレッスン通りに練習していくだけで、どんどん名曲が弾けるようになり、数カ月後には自分のウクレレをスラスラと演奏している姿に驚くはずです。
短期間で名曲をあなた自身の手で自由自在に弾きこなし、今まで味わったことのない感動を得られるでしょう。

ウクレレが奏でる非日常的な空間、音色が癒してくれる心の喜びを体の芯から実感できるはずです。


>>>【全巻セット】おしゃれなウクレレソロ講座
















脳飼いならし講座「ゴルフがヘタなのは脳のせい」

ゴルフ上達
08 /19 2017



【第1章】ゴルフはメンタル要素が50%
?ゴルフが上手くならないのはあなたのせいではありません
【第2章】脳の思考メカニズムを理解すれば自由自在
?脳の言いなりになってはいけません
・上級者にミスが少ない理由
・仕事にも生かせるメンタルトレーニングについて
・コンスタントに100を切ることはいますぐにでも実現可能
【第3章】リアルイメージで脳をコントロール
?脳をだます極意
・リアル・イメージを描くことでプラス思考へ転換
【第4章】シーン別に思考法を伝授
?誰でも簡単に100を切れる
・リアル・イメージのための準備
【第5章】間違いだらけの練習
?すべては単なる"思い込み″が原因
・ミスの原因の7割を占めるものとは
・実践に即したリアル・トレーニング
【第6章】短期間で鍛えられる
?知ってますか?ゴルフのための体幹トレーニング
・正しいスイングをするためのトレーニングとは
・実際のトレーニング方法をイラストで解説
マニュアルは上記それぞれ内容をさらに詳しく説明させていただいております。
内容につきましては、どなたにでもわかる言葉や、章によっては図(イラスト)を使用しています。

それでもわからない部分が出てきた場合には、特典としまして「メールサポート」にも対応させていただいております。

この「リアル・イメージ・トレーニング」で一日も早くスコアが100を切ることを切に願っております。


>>>脳飼いならし講座「ゴルフがヘタなのは脳のせい」











ザ・アイアンバイブル

ゴルフ上達
08 /19 2017





ザ・アイアンバイブル
ショットアイアン、ミドルアイアン、ロングアイアンでは
異なったアドレスになってきます。
アドレス時の体重配分、スタンスの向き、ボールポジション。
しかし、逆をいうと共通項も存在します。
その3つの重要な共通ポイントを解説しています。

また、アイアンの苦手な方の90%以上の方が理解していない
右ひじのセットアップの仕方も解説。

ザ・アイアンバイブル
なぜかロングアイアンだけ当たらない。
なぜかミドルアイアンだけ、なぜかショートアイアンだけ。
そんな方が必ず最初にチェックするチェック項目があります。

アイアンが当たらない原因は、
大抵、このチェック項目が狂っていることがほとんどです。
ここさえ修正できれば面白いようにアイアンは当たります。
そのチェック項目に関して解説しています。

ザ・アイアンバイブル
実は、インパクトの右ひじの形は非常に重要です。
例えば、右ひじが伸びていれば、ダフってしまったり、
逆に曲がりすぎていればトップしてしまいます。

ミスの原因はこの右ひじが引き起こすことが多々あります。
ここでは、正しいインパクト時の右ひじの形を解説しています。

ザ・アイアンバイブル
アイアンショットが安定しない人のほとんどが
スイング中のフェースの向きをまったく意識できておりません。
スイング中の各ポジション(テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトなど)で
フェースの向きを感じながらスイングすることが
アイアン安定でもっとも重要なことです。

各ポジションの正しいフェースの向きを確認し、
フェースの動きをスイング中に簡単にチェックできる
2ステップの練習法を紹介します。

また、この練習法は同時にオンプレーンスイングも習得することができるので
正確なアイアンショットを手にいれることができるでしょう!

ザ・アイアンバイブル
アイアンショットの大きなミスとして挙げられるのが4つあります。
「トップ」、「ダフリ」、「方向性の乱れ」、「番手通りの飛距離が出ない」という
4大ミスの原因とその解決法について
シンプルに分かりやすく解説しています。

ゴルフというスポーツは不思議なもので
つい最近までトップに悩んでいて直ったと思ったら、
今度はダフリのミスが頻繁に出るようになったりという現象も
よく起こります。

ミスの原因を都度、修正していくことが
もっとも大切なことになってきます。

ザ・アイアンバイブル
トップを引き起こす3つの原因は、
「前傾角の起き上がり」、「下半身の伸び上がり」、「手打ちスイング」です。

ザ・アイアンバイブル
これらの原因を1つ1つしっかりクリアしていくために、
最適な練習方法を厳選して紹介しています。

ザ・アイアンバイブル
ザ・アイアンバイブル
ダフリの3つの原因は、「体の上下」、「インサイド軌道」、「コックの早いほどけ」です。
ダウンスイングでの体の沈み込み、
これによってボールと体との距離が近くなりダフってしまいます。
また、スイング軌道がインサイドから入りすぎると
手前からクラブヘッドが入りダフリにつながります。
さらに、コックのほどけが早いと、
体とクラブの距離が離れすぎ、ダフってしまいます。

ザ・アイアンバイブル
これらの原因を1つ1つしっかりクリアしていくために、
最適な練習方法を厳選して紹介しています。

ザ・アイアンバイブル
ザ・アイアンバイブル
方向性の乱れが一番アイアンショットの中でも危険な項目です。
なぜならOBにもっとも繋がってしまうからです。

方向性の乱れの原因は、「スイング軌道」と「フェースの向き」です。

例えば、スイング軌道が極端なインサイドアウト、
さらに、フェースの向きが開いていれば、右プッシュアウトになり、
コースによってはOBになってしまいます。

この「スイング軌道」と「フェースの向き」を改善するための方法をお伝えします!!

ザ・アイアンバイブル
ザ・アイアンバイブル
クラブの番手通りしっかりと打ち分けられていない方が多いです。

7番アイアンと9番アイアンの飛距離がほとんど変わらない、
5番アイアンで打っても
全然、5番アイアンの飛距離が出ない。という方もよく見かけます。

これではクラブを変えて打つ必要性もなくなってしまいます。

特に、長いクラブになればなるほど番手通りの飛距離が出ない方は、
クラブの長さに惑わされて、
「スイングスピードが早くなっている」、「リズム、テンポが早い」というのが原因です。

また、ロングアイアンになればなるほど、
「フェースが開いてインパクト」してしまいがちです。
これらの原因を徹底的に解決するための練習方法を解説しています。

ザ・アイアンバイブル
いかがでしたでしょうか?ミスショットには必ず原因があります。
そして、その原因を1つ1つクリアにしていくことが、アイアン上達の鍵になります。

原因を理解して、解決。

シンプルにこれだけですが、私たちは難しく考えがちだったり、
雑誌などのバラバラな情報を拾ってきて色々ごちゃごちゃした試したりするので、
んどん複雑化してしまうのです。

あなたも、竹内プロの上記の「ザ・アイアンバイブル」のプログラム通り、
シンプルに順番に進んでいくことで、
思い通りの場所に、思い通りの球筋でアイアンショットを放てるでしょう。

さて、今回、私と同じようにアイアンに苦しんでいるゴルファーの方に、
本気でその苦しみから解放してほしいと竹内プロに伝えたところ、
「ザ・アイアンバイブル」以外にも、6大特典を用意してくれました。


>>>ザ・アイアンバイブル




【楽器セット】自宅でラクラク、楽しく上達!初心者向けウクレレ講座DVD(初めてセット)

自己啓発
08 /19 2017







楽器セットなので届いてすぐに始められます。
今すぐ始めたい方にピッタリの内容です。


>>>【楽器セット】自宅でラクラク、楽しく上達!初心者向けウクレレ講座DVD(初めてセット)











100切るゴルフ楽々指南書

ゴルフ上達
08 /19 2017



1年半前から先輩のすすめでゴルフをはじめ、段々とスコアも
良くなり1年で100台は出せたのですが、そこからが伸び悩み、
なかなか100が切れない状態が半年ほど続いておりました。
購入前のベストスコアは102,平均スコアは105~115でした。
次こそは次こそはとコースに行くたびに100切りを目指し、
ゴルフ雑誌を読みあさり、練習にも通っていたのですが、
どうしても100が切れませんでした。
そんなとき、このマニュアルをネットにて見つけました。
「まあコースに1回行ったと思って買ってみようか、だめなら返金も可って書いてあるし」と
あまり期待もせずに購入してみました(すいません)。
ダウンロードしマニュアルを読んだときも「これだけ?」とはっきりいって思いました(たびたびすいません)。
しかし、その日から部屋で素振りを開始、今まで手でスイングしていた事に気が付き新しい感覚でした。
練習場では、最初はまったく球に当たらなかったのですが、だんだんと腕を使わないで振る
という感じがつかめてきました。


>>>100切るゴルフ楽々指南書


「おっ、いい感じ」と思った瞬間、これまでにない勢いでボールが飛んでいき、
イメージとしてはこれまでのハーフスイングくらいなのに飛距離もこれまで以上!
「これはいける!」と自宅での素振り、練習場で打つを繰り返しました。
(とは言っても2,3回練習場へ行ったのみです。)
そして本番、前回は104で回ったコースで、94と大幅にベスト更新、100切り達成しました!!
17、18ホールでトリを叩いたにも関わらずこのスコアで、次は一気に80台を狙おうと思います!
マニュアルを実践して特に良くなったことは、ミスショットの激減です。
ドライバーはこれまで1ラウンドで2,3回はOBを出していたのが、見事なストレートボールで
OBなしになりました!
またアイアンショットでのトップ、シャンク、ダフリがここぞというところでこれまでは出ていたのが、
手打ちしなくなったおかげで力が抜けて、思ったところにボールを運べるようになりました!
アプローチでも、よく往復ビンタしたり、だるま落としをしていたのが嘘のように
ピンに寄っていきました!
なにより、思った通りのコース戦略ができることで、ゴルフがめちゃめちゃ楽しくなりました!!
とはいってもまだまだミスもあるので、マニュアル片手に練習を積み重ね、
80台の報告を早くできればと思っています。


>>>100切るゴルフ楽々指南書







kn1951

FC2ブログへようこそ!