和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!!!英語文書問題の構造から根拠を確信して正解する方法!!唐澤サミット式英語長文問題の正解方程式TOEIC Part7対策基礎導入編

語学学習
08 /14 2017

【唐澤サミット式】英語長文問題の正解方程式 TOEIC Part7 対策基礎導入編



和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!!!英語文書問題の構造から根拠を確信して正解する方法!!唐澤サミット式英語長文問題の正解方程式TOEIC Part7対策基礎導入編

和訳しないでTOEICRPart7の英語文書問題を構造から正解を導く体系的方法を初公開します。

TOEIC Part7を超速で正解する方法です。

教える先生は、21歳の時、TOEFLで世界第3位をとったことがある唐澤先生。

そのほかGREやLSATなどの試験でトップクラスの成績を取っている先生です。

特筆すべきは、世界共通ドイツ語試験でも300点満点中277.5点で、トップ0.1%の成績を取られています。

つまり、語学試験の天才的な先生なのです。

その先生が、TOEICリーディングのTOEIC PART7の英語文書問題で苦戦されている受験者さんのために、独自の体系的正解法の秘訣を公開していただきました。

上記のようなTOEFL試験、GRE試験、LSAT試験で
外国のテスト対策コースのある英語学校 に通いましたが、
英語長文問題では、
その英語学校は、肝心なことは教えてくれません。

そこで、自らの経験を踏まえて開発したのが、
英語長文問題の正解方程式なのです。



次のような悩みを持っている方に答えるべく公開して頂きました。

?英語文書問題を和訳して解いてしまうので、時間がかかりすぎる

?英語文書問題を根拠を確信して正解選択肢を選べない

?英語文書問題でわからない英単語や熟語や文法があると和訳できないのでそこで止まってしまう。

?英語基礎知識を完璧に頭に入れるまで英語文書問題の演習にはいれないので、英語文書問題にかかるまでに相当な時間を費やしてしまう

?英語文書問題の演習自体にやたら時間がかかる

?忙しい合間をぬって、何百何千もの単語や構文を暗記するがすぐ忘れてしまう

?英語文書問題を和訳して解こうとするが、どんなに繰り返してもなかなかスピードアップがうまくいかない

?様々な参考書、教材、スクールなどにお金を使うが得点になかなか反映しない

?リーディングセクションの勉強に相当な時間をとられるのに、Part7がボトルネックになってしまいなかなかリスニングセクションまでてに充分な時間がまわらない。

?Part7がボトルネックになってしまっているので、TOEIC高得点がなかなか取れない。



語学試験の天才、唐澤先生体系化・集約した一冊が
このマニュアルです。


>>>和訳不要で「キーワードと公式」で超速解!!!英語文書問題の構造から根拠を確信して正解する方法!!唐澤サミット式英語長文問題の正解方程式TOEIC Part7対策基礎導入編













スポンサーサイト

ソクラクイングリッシュ 200 Method

語学学習
08 /12 2017



たった200語で英語が話せる。ソクラクは英国の英語教育研究機関・OXford English Learning Organisationにより開発・考案された独自英語学習メソッドの教材です。世界中の英語教育者により、「簡単かつ効果のある英語教材」として高い評価を受けています。

使う単語数は200語のみ、掲載質問文数50文のみ、1回の学習時間は10分のみ。英語の勉強、1年かけてじっくりと・・・なんて考えていませんか?正しい勉強を行えば、英語の勉強は2ヶ月間あれば、驚くほど変わることができます。ソクラクは、たった2ヶ月の間の期間で習った事をしっかり喋れるようになります。

OXford English Learning Organisatioの研究によると、ネイティブスピーカーの日常会話の80%はおよそ300語から200語程度で成り立っています。ソクラクは、その中でも特に必須の200語のみで構成されています。中学校で習う単語数の約4分の1以下に相当し、どの年齢層の学習者でもお手軽で効率的に英語を学習することが可能です。200語だから、簡単に無理なく英会話が習得いただけます。

新しい言語は「繰り返し使う事」で身に付いていきます。言語学上では長期記憶の中でも、更に「言語が口から出てきていつでも使える状況」になっている状態をメンタルレキシコンと呼び、記憶の領域に覚えた言葉が達していると定着しています。「いつでも、口から出せるような状態に達する事」。これこそが、語学を身につけた状態であるという事ができます。

メンタルレキシコンという記憶領域に移す際に必要になるのが、長期記憶にある脳の情報と、口の筋肉を動かして発生する神経細胞を繋ぐブリッジを生成することです。この時に必要なのが、ソクラクのスピーキングメソッド(アウトプット)です。教材で学ぶだけにとどまらず、ソクラクでは教材をご購入いただいた方に、無料で外国人講師とマンツーマン英会話できる場を提供しています。マンツーマンレッスンだから、集中的に学習でき早く英語上達の効果を実感いただけます。

簡単だから続く。簡単なのに身につく。ソクラクは英語に対する「難しい」・「分からない」という感覚をできるだけ無くす事に注力をしました。毎日10分で、本格的な英会話が身につきます。


>>>ソクラクイングリッシュ 200 Method





スターターオブイングリッシュ 今まで誰も教えてくれなかった21世紀の超やさしい英語習得法!

語学学習
08 /09 2017



スターターオブイングリッシュは今までにない、最速・最短・即効性のある英語教材です。

スターターオブイングリッシュは、英語が全然使えなかった私が、高年齢にもかかわらず語学留学し、英語が使えない様々な「見えない壁」を分析・消化、晴れて英語が使えるようになるまでの「気づきの数々」をご紹介しております。

要するに、「海外留学で何を学んで」英語が使えるようになるのか、というところをマインド編という形でまとめました。

私の意見としましては、日本人にとって必要だったのは、さらなる勉強ではなく、英語圏における「協調性の感覚」です!

この教材は、試験に合格するための教材ではなく、そんな英語圏での「協調性の感覚」をしっかっりと持っていただき、

さらには、そんな新しい気持ちをそのまま楽しんでいただけるような、究極クラスに「無駄の無い」学習プランがセットになっています。



>>>スターターオブイングリッシュ 今まで誰も教えてくれなかった21世紀の超やさしい英語習得法!







日本語→英語の順で学ぶ英会話 Lover's English

語学学習
08 /04 2017




POINT
1
英語を聞く前に日本語を聞く
意味が分からないまま英語を聞くのではなく、日本語を先に聞いて、意味が分かった上で英語を聞くと驚くほど英語が頭の中に残り、英語を習得するスピードがとっても速くなります。英語を聞いてから日本語を聞くやり方は間違っていると私は思います。
POINT
2
実際に声を出して英語を話す練習をする
英語をただ聞き流すだけではダメです。実際に声を出して話す練習をしないと話せるようにはなりません。他人が走っているのを見ているだけでは、あなたは速く走れるようにはならないし、ピアノの曲をいくら聴いてもあなたがピアノを弾けるようにはなりません。速く走れるようになるためには、あなたが走るトレーニングをしなければならないし、ピアノを弾けるようになりたければ、実際に弾く練習をしなければならないのです。
だから、英語を話せるようになりたければ、話す練習をすることが必要なのです。
POINT
3
少しでも良いので毎日英語を勉強する
"継続は力なり"です。毎日、少しでも良いので英語の勉強をしましょう。
いつか英語が話せるようになるといいなぁ‥。こんな甘いことを考えている人は、いつまでたっても英語は話せるようにならないでしょう。やればやっただけ結果はついてきます。英語の勉強が習慣化するまで頑張ってください。
英語を聞き流しているからあなたは英語を話せないのです


聞き流すだけで英語が話せるようになるはずがありません。
『聞き流すだけなら自分にもできるかもしれない、聞き流すだけで英語が話せるようになる教材のCMをテレビ、新聞、雑誌でよく見るから買ってみました』
教材の良し悪しを判断できないと、聞き流す英語教材を買ってしまうのです。でも、多くの人はこういった判断をしてしまうのでしょうね。

聞き流すだけでは英語は話せるようにはなりません。
聞き流すだけで英語が話せるようになるなら、ロシア語を聞き流してみてください。意味の分からないロシア語を聞いて話せるようになると思いますか?死ぬまで聞き続けても、あなたはロシア語を話せるようにはならないでしょう。こんな当たり前のことを知らないから、いつまでたってもあなたは英語が話せないのです。

「英語の後に日本語が流れる教材があるからそれを聞き流しています。日本語を聞けば意味が分かるからそのうち話せるようになると思って....」

もしそう思うのなら、ロシア語の後に日本語を聞いてみてください。意味が分かったとき、今聞いたロシア語はチンプンカンプンのまま頭の中から消えさっていることでしょう。

英語が話せるようになりたいなら、実際に話す練習をすることが大切です。
このルールは、多くの言語に共通するものです。日本語の方言と標準語でも同じです。
あなたが、方言を話し標準語が話せない(あるいはその逆)としましょう。でも、テレビやラジオをつければ、標準語が飛び交っています。
毎日、その標準語を聞き流してみてください。
話せるようになるでしょうか?
『なるほど、標準語ではこうやって言うのか』ということは分かるようになるでしょう。

しかし、標準語をいくら聞き流しても、実際に標準語を話す練習をしないと、話せるようにはならないのです。"分かること"と"できること"は違います。日本語でも話せるようにはならないのです。
それなのに英語で話せるようになると思いますか?
無理でしょう。




>>>日本語→英語の順で学ぶ英会話 Lover's English











【海外発送版】オウム返しをするだけで英語が次々口から飛び出す!スピーキングパワー

語学学習
08 /02 2017

1日5フレーズ、45日間オウム返しをただ繰り返すだけで単語を暗記することなく、300場面で英語を話せるように!プロの同時通訳者がコッソリやっている英語学習法を初心者でも実践できる日本初のプログラム。暗記することなく英語がスラスラ口から飛び出す!





とっさの一言がパッと出てくるようになる
スピーキングパワーをシャドーイングをすることにより、瞬発力を鍛えることができます。
ネイティブに質問されたり、ネイティブがあなたに言ったことに対して、瞬間的に、パッと英語で返事ができるようになります。
今まで聞き取れなかったネイティブの速い英語を聞き取れるようになる
スピーキングパワーには3段階スピードの音声があるので、超スロースピード、ミドルスピード、ナチュラルスピードと徐々にスピードをレベルアップしていきながら、シャドーイングができます。
スピードをレベルアップしていくうちに、今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになってきます。
そして、45日後には、ネイティブと同じスピードで、シャドーイングができるようなり、どんなに早いネイティブの英語も聞き取れるようになります。
ネイティブとの英会話が楽しめるようになる!
バイリンガルの私がこの教材にこだわったことの一つに、ネイティブが普通に使っている英語があります。教科書英語ではなく、ネイティブが普段使っている本物のネイティブ英語をマスターするなら、この教材をおいて他にないでしょう。
300以上の日常会話の場面で英語を話せるようになる
日常会話、ビジネス会話など、全部で300以上の場面で、会話のキャッチボールをする練習をするので、どんな場面でも日常会話を話せるようになります。
日常会話でもっともよく使う厳選300フレーズが習得できる
日常英会話を話せるようになるのに必要な300フレーズをあなたの脳と口にインストールできます。
ネイティブとバイリンガルが厳選した300フレーズなので、無駄なフレーズを覚えるリスクがありません。
300フレーズをイメージ記憶できる
300フレーズをシャドーイングして、インプットとアウトプットの練習をした後は、動画を見て、イメージ記憶をすることにより、フレーズが脳に定着し、忘れなくなります。
外国人に声をかけられても、頭が真っ白にならなくなる
スピーキングパワーでは、300以上の全ての場面を動画で学習できるようになっています。
動画で学習することで、ネイティブとの会話の疑似体験ができます。
ネイティブを映像で見ながら会話をすることに慣れるので、いざネイティブと会話をする時もいつも通り落ち着いて英語を話せます。
もう二度と、英語で挫折しなくなる!
私があなたの英語コーチになって、毎朝7時にサポートメールを送って、あなたのお尻を叩きます。
このサポートメールがあるために、今まで英語で挫折した人たちも、挫折することなく、毎日の英語学習が続いています。
暗記しないでも、ボキャブラリーをどんどん増やすことができます
スピーキングパワーをシャドーイングすることで、インプットとアウトプットができるので、暗記しないでも、ボキャブラリーをドンドン増やしていくことができます。
リエゾンを聞き取れるようになります
スーパースロースピードからノーマルスピードまであるので、リエゾンの変化を学習できます。


>>>【海外発送版】オウム返しをするだけで英語が次々口から飛び出す!スピーキングパワー








kn1951

FC2ブログへようこそ!